これからママになる人のための情報サイト「ママ104」

妊婦が見逃しやすい食べ物亜鉛!見直そう亜鉛のパワー

妊娠中に注目したい食品は色々とありますが、亜鉛もそのひとつです。ミネラルはどうしても毎日の食生活では気をつける人はすくないため、意外と見逃されていることが多いのです。妊婦になった方は亜鉛ってなんだっけ?と思ってその機能を見直して見てくださいね。

亜鉛とは?

亜鉛よく聞かれるミネラルのひとつですが、亜鉛を積極的に摂取している人ってあまり聞いた事がありません。妊婦さんでもカルシウムを赤ちゃんのために一杯とろうとする人はいても、亜鉛って男性的なイメージもあるため見逃されがちなんです。

亜鉛の働きはDNAやたんぱく質の合成を助けています。つまり赤ちゃんにとっては重要なミネラルで、不足すれば赤ちゃんの内臓や体に問題が起こる可能性があるということです。

そのほか免疫力と関係があったり、インシュリンと結びついて血糖値のコントロールなど重要な働きもしています。大人は味覚障害や勃起障害などで知られていますが、子供や胎児の場合は成長が阻害されたり、細胞の修復や合成がしにくくなってしまいます。

不妊症とも関係があるかもしれない亜鉛

a0790_000333
亜鉛は男性機能にも関係があるミネラルです。もし健康な夫婦の間で子供ができないと感じているなら、亜鉛を夫に食べさせているか考えてみてください。

亜鉛は下記のような食品に多く含まれているため、バランスの良い食事をおすすめします。

・牡蠣
・牛肉や豚肉など肉類
・たらこ
・ごま
・ココア
・ナッツ類
・アマランサス(雑穀米に入れると良い)

スポンサードリンク

亜鉛不足でおこる問題

亜鉛は妊婦さんでなくてもあまり意識する人って少ないですよね。でも亜鉛は必須ミネラルのひとつで、体の機能に関係する成分なのです。普段バランスの良い食事を摂取している分にはあまり不足はしませんが、好きな食品が偏っているとか、インスタント食品ばかり、妊婦さんなどでは不足する可能性があります。

もし体の中から亜鉛が不足すると次のような問題を起こすといわれてます。

・味覚障害
・たんぱく質の合成ができず成長阻害
・骨格の異常
・生殖機能の抑制

亜鉛は赤ちゃんの体を作る栄養素のひとつということがわかったのではないでしょうか。そのほか亜鉛は視力、成長ホルモン、アルコール分解、老化予防など色々な体の機能を保つためにも役立っています。

最近疲れやすい、視力が低下した、貧血気味、抜け毛が多い、爪の形が変形しやすい、精力が落ちた、免疫力が低下している、生理不順など。これらの症状がある方は、亜鉛が不足していると判断するとよいでしょう。

まとめ

妊娠中は亜鉛を積極的に補給する必要があります。魚介類や肉類などにも多く含まれていますし、アマランサスという雑穀を白米に混ぜるのもおすすめ。牡蠣が一番ですが、毎日食べるわけには行きませんからバランスのよい食事を心掛けてみてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事