タイミング療法の保険適応割合について

タイミング療法は保険が適用されていますが、一部除外となるケースもあります。多くの場合は保険が適用されますから、高くても月に1万円程度くらいです。安ければ数千円くらいで2,000円くらいでも納めることができたりもします。これから不妊治療でタイミング療法をやってみたいという方は、保険の適用や費用についての記事を読み進めてみてくださいね。

タイミング療法高くても1万円くらい

タイミング療法で何をやったかによって、月々の費用は変わってきますが、保険適用外の検査などが入ったとしても1万円を超えることはまずないでしょう。

また、不妊治療は住んでいる自治体によっては一部補助してくれる所もあるため、タイミング法なら月々の費用は少なくて済みます。

例えば卵胞チェックなら1回2,000円前後。保険適用外となる回数になれば費用は多額なりますが、それでも1万円は超えません。三割負担なら6,000円ですね。

他にも薬代、超音波検査をいれても1万円を超えないくらいの費用で受けられると思っておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

更に費用を抑えたいなら自己タイミング法も

タイミング療法 保険適応
タイミング法を病院で受けると超音波検査、場合によってはホルモン剤や排卵を起こす薬、血液検査、卵胞チェックなど色々な方法が利用されています。これを極力なくし費用を抑えたいという場合では、自己タイミング法という利用の仕方もあります。

排卵チェック薬は薬局でも手に入れることができます。自分で基礎体温を測り、排卵日を予測したら排卵検査薬にて調べます。排卵しているようなら子供作りへ行動を起こせば良いわけです。

排卵検査薬はLH濃度が上がると反応しますが、上昇が始まってから36時間以内に排卵が起こります。排卵が起きてから陽性反応になるわけではないため、ある程度時間に余裕があります。

また、排卵日当日だと男女の細胞の寿命の関係性によって、健康な受精卵ができるとはいえなくなってしまいます。赤ちゃんを作るためには出会うタイミングも重要で、排卵儀2日目くらいがベストな時期といわれています。特に卵子の寿命は24時間程度で、更に質が良いのは排卵直後となるため男性側の寿命が最大2日くらいあるのを見越して、上手く受精できるようにするわけです。

まとめ

タイミング法は保険が適用されますが、検査の回数によっては適用外となることもあります。高額になっても1万円を超えない事が多いのですが、もっと費用を抑えたいなら自己タイミング法というやり方もありますよ。最初だけ病院で検査してもらい、後は自分でというのも良いかも・・・


続けやすい葉酸サプリとは?

葉酸サプリ妊娠中に必要な葉酸サプリは1,800円で買えて、定期購入の縛りがない商品を選びました。

詳細はこちらから
AFC葉酸サプリ

関連記事

高齢出産で気をつけたい卵子の劣化!アルコールなど対策できる方法6つ

不妊サプリは効果がないってホント?!考えたいサプリの成分について

知らなかったではすまされない!?高齢出産となる30代後半~40代の人の妊活事情

不妊治療で食べていけないもの!深く考えると辛いですよ

高齢出産で出生前診断する人の確立は?

牛乳を飲むと不妊症に!?不妊治療をするなら避けたい乳製品