妊娠中におりものでかぶれたときの薬!アレは止めた方がよいですよ

妊娠中はおりもの量が増えるため、膣炎になったりかぶれを起こす人も多いようです。でも安易に市販の薬を使うと逆にひどくなってしまうことがあるため要注意です。市販の薬を否定するわけではないのですが、肌が弱い人だとかぶれたり、間違った治療で悪化させてしまうこともあるからです。
市販の薬を使ってよいのは、病院で診断してもらった事がある人で、市販の薬でも効果があることが分かった場合のみです。私は安易に利用して酷くしてしまった経験があるため、慎重に使ったほうが良いというのが正直な答えなんです。では、かぶれで使いたい薬、自分で出来る対処方法などを紹介しますね。

おりもののかぶれで使える市販の薬

最近はおりものかぶれ用に専用の薬も市販されていますね。実はそれだけ同じような悩みを持っている人が多いと言う事なんです。そのため医薬品メーカーも売れる商品として各社で開発しているわけですね。

以前はフェミニーナ軟膏くらいでしたが、今ではデリトリーナやカンジダ膣炎ようのメディトリート、デリケア、フレディ、フェミニンなど似たような薬が一杯販売されています。

これらの薬でどれを使おうか迷っている方も多いでしょうね。でもちょっと待ったほうが良いかもしれません。次のような方は市販の薬ではかぶれる恐れがあるからです。

・敏感肌でスキンケアで合わないものがある
・アトピー性皮膚炎
・主婦湿疹になったことがある
・喘息や鼻炎などアレルギー体質

アレルギー体質の方や肌が元々弱い人などは、市販のかぶれ軟膏でかぶれる可能性も。さっと塗って炎症を抑えてくれる優れものの薬ではあるのですが、原因が取り除かれないうちに薬だけで治そうとすると薬でかぶれることもあるんですよ。使用量をよく守ったり、デリケートの部分で使うためパッチテストをしてから使ったりしたほうが良いですね。

どうしておりものでかぶれるの?

9b82595ddde8e0e0c8e0052950bdfb1b_s
妊娠中はとくに赤ちゃんを受け入れるため母体の免疫力が低下しやすくなっています。またホルモンバランスも変わっていて、それによって膣炎を起こしやすくなります。

生理前になるとホルモンバランスが変わって、おりものでかぶれやすい方は要注意です。また次のような原因でもかぶれる原因があります。

・締め付ける下着やスキーパンツで蒸れている
・化繊の下着やストッキングでかぶれている
・ケミカルナプキンでの影響
・太り気味で蒸れやすい人
・他の病気で抗生物質をたくさん飲んでいる人
・ステロイドを長期的に使用している人
・病気を持っていて抵抗力が落ちている
・妊娠中または産後

おりもののかぶれ対策方法

妊娠中だとどうしても普段よりおりものの量が増えてしまうため、対策が必要となります。おりもの専用シートを使ったり、ショーツをこまめに変える、シャワーを浴びる、ウォシュレットで清潔を保つなど。

スポンサーリンク

あと意外と見逃しがちなのが、生理ナプキンやオリモノシートの成分です。綿100%で作られたものでも、編みこむときに薬品を使うことも多く、それが膣をとおして吸収しかぶれの原因になります。気になる方は布ナプキンを使うといいですよ。

私も布ナプキンを使っていますが、意外と簡単。お風呂に入る際にナプキンを持ち込んでお風呂で洗います。しみなどが残ってしまうため、小さなバケツなどに重曹を溶かした液体でつけおきしておきます。それを普通に洗濯機で洗うだけでOKです。おりもの用も売られているため利用すると良いですよ。

意外と知らないデリケートゾーンの洗い方

a0002_006558
意外と見逃しがちなのがデリケートゾーンの洗浄方法です。間違ったケアによって逆におりもののかぶれを酷くしていることもあるんですよ。

膣には自浄作用といって、細菌を洗い流すチカラをもっています。これは膣内の菌バランスによって保たれているのですが、石鹸でゴシゴシ洗いすぎると菌のバランスが崩れます。

洗えば洗うほどニオイが気になるし、かぶれやすくなる可能性があるのです。

基本的には石鹸はNGです。石鹸を使うと良い菌が洗い流されてしまうから。普段はお湯で洗い流すだけでOKで、膣の中まで洗う必要はありません。入り口や尿などで汚れやすい箇所のみ洗ってくださいね。

おりものに異常がでるのは?

妊娠中ならおりものが多くて当たり前と思っておくと良いですよ。でも普段からおりものが多いなら、もしかしたら原因が隠されているのかもしれません。

おりものの量に変化が出やすいのは卵巣機能の低下が考えられます。ほかにも感染症や生殖器官の病気などもありますが、一時的なものならストレスによって卵巣機能が低下したと考えるのが良いですね。

特に量が増えるだけというケースでは、普段の生活でストレスがかかり卵巣機能が低下しているのかも。現代女性は仕事、育児、家事など色んな悩みを抱えていますからね。少し頑張りすぎだと認識し休むことも必要です。

まとめ

おりもののかぶれがあっても、市販の薬に頼る前にまず自分でできることがあります。それを試して改善されるようなら問題ありません。また妊娠中は当然おりものの量は増えるため、上手く乗り切ってくださいね。


続けやすい葉酸サプリとは?

葉酸サプリ妊娠中に必要な葉酸サプリは1,800円で買えて、定期購入の縛りがない商品を選びました。

詳細はこちらから
AFC葉酸サプリ

関連記事

妊娠とアロマ

妊娠中のアロマオイルの活用法!使える、禁止をしっかりおさらい

妊娠中うんち出る方法はコレだ!便秘対策10コ

妊娠のめまいの原因と薬について!あの体質改善が必要かも

妊娠中の人が睡眠薬に頼らなければならないとき!依存しない対処方法6つ

妊娠中の歩行湯って大丈夫?妊婦でも温泉で運動を行いたい人必見

妊娠中はおなかの毛が濃くなる人が多い!その理由