これからママになる人のための情報サイト「ママ104」

妊婦に筋トレは必要!?出産を楽にするコツ

妊婦には筋トレって必要なんでしょうか?
個人的には必要ないというのが考えなのですが、でも高齢出産に近づくにつれて赤ちゃんを押し出す力が弱くなるとはいうことができるのです。

つまり妊婦がやる筋トレは、体のラインを整えるためではなく、出産を楽にするためなんですよ。
妊婦ができる筋トレのコツを実体験より幾つか紹介しますから、参考にしてみて下さいね。

そもそも妊婦が筋トレをしたいと思った経緯は?

最近のママは妊娠中でも綺麗でいたいと思う方が増えているからなのか、妊娠中も筋トレを続けたいと思っている方も多いようですね。
でも、妊娠中はあまりハードは運動を行うと、早産のリスクを高めたりもしますから、程ほどにしましょうね。

妊娠中は筋トレで体型を維持するというよりは、適度に運動をしながら出産を楽にするという考え方が正解なんです。
私の場合は、妊娠中にお腹の赤ちゃんの心の影響を受けたようで、運動音痴の私が珍しく体を動かしたい!と思いました。
でも、運動をしすぎるとお腹が痛くなってしまうから、適度にしかできていませんでした。
それでも、分娩室に入ってから30分~1時間で生まれる超スピード出産でした。

適度に運動を取り入れながら、出産を楽にするという考え方でいいと思いますよ。
特に30代40代での出産だと、年齢的に筋肉も落ちていますから、適度な筋トレは必要かもしれません。

妊婦はインナーマッスルを鍛える筋トレ

マタニティヨガ
おすすめなのが、インナーマッスルを鍛える筋トレです。
産院などでも行われているマタニティヨガなどが良いですね。

ヨガはストレッチの要素もあるためストレス発散にも繋がりますし、ハードな運動ではないのにインナーマッスルが適度に鍛えられて、出産を楽にするとも考えられています。

マタニティヨガのDVDを購入して自宅で実践したり、産院で開催しているヨガ教室に通っても良いでしょう。
お腹が大きくなると通常の筋トレは難しくなるため、ゆったりと動けてお腹に負担をかけない専門的なエクササイズがおすすめです。

スポンサードリンク

妊娠中はとにかく歩くこと

ウォーキング

よく言われていることですが、これを実践するだけでも全然違ってきます。
力むための筋肉ってお腹周りや下半身が大切だと思いますが、歩くことで負荷がかかるから鍛えられます。
普段より5kgも10kgとウエイトを抱えていると思えば、歩くだけでも効果があるのはお分かりですよね。

私の場合は、一杯歩くとお腹が痛くなってしまうため、適度に近所のスーパーに歩く程度でした。
それだけでも十分運動となるため、毎日少しずつ無理なく歩くと良いと思います。

見逃せない拭き掃除

妊婦さんは掃除をよくやると健康な赤ちゃんが生まれるともいわれています。
これは雑巾を使う拭き掃除が下半身の強化に役立つからです。

最近は和式便座もなくなりましたし、床掃除もモップがあるためしゃがむ事ってすくなくなりましたね。
実はこのしゃがむという動作、骨盤底筋を鍛えることができて、出産を楽にするとも言われているそうです。

トイレ掃除をよくすると良いといわれたり、掃除をすると元気な子供が生まれるというのも、昔の人の知恵が隠されているのかもしれません。
私の家も小さい頃は和式便座でしたし、妊娠中も拭き掃除をよくやっていたように思います。

まとめ

妊婦さんが特に筋トレなんてしなくても、家事を一生懸命していればそれだけで良い運動になるんですよ。
階段を昇り降りする、買い物に歩いていく、拭き掃除をする、妊婦さんは普段よりもお腹の分負荷がかかるから、日常生活でできるだけ動くのがコツなんです。

運動音痴で全くスポーツとは無関係の私でも、赤ちゃんが「動きたい」と思う子だったから、妊娠中によく動いていてそのおかげでスピード出産が叶いました。

関連記事

Sponsored Link

最近の投稿

  1. ソロストーブを自作
  2. 月経前症候群
  3. 大人が着るカットソー
  4. ADSLからフレッツ光に乗り換え
  5. トランポリンの効果
  6. ニトリグラスセット
  7. 更年期と動悸
  8. 冷えとり健康法
  9. グルタチオン
  10. 漏水の返金