これからママになる人のための情報サイト「ママ104」

ホンマでっか!?TV的な気になる育児情報

2014年5月28日放送のホンマでっか!?TVで育児情報が幾つか紹介されていました。
その中で興味深いものがあったので紹介しますね。

それは、母乳育児をしていた母親は将来乳がんや子宮がんなどになりにくいというものでした。
今改めて母乳育児は最注目されていますが、なぜ母乳で育てると母親にも良いのか色々と調べてみました。

母乳で育てるとデドックスされる

その1つが、母乳で育てると母親のデドックスが促されるという内容でした。

子供を多く産む親は子供を1人出産するごとに体内に蓄積された毒素を排泄できるともいわれていますが、まさか母乳までデドックスになるとは思っていなかった方も多いのでは?

子供を産むときには親の体内に蓄積している毒素と一緒に、子供を産み落とす事ができるのだとか。

たとえば胎盤に毒素が多く含まれていたり、血液を排泄することでもデドックスできるといえますね。
また、子供のなかには毒素が多く取り込まれすぎて死産となってしまうケースもあるともいわれていたりもします。

ホンマでっかで紹介されていた内容は、母乳に毒素が含まれており、それを排泄する事によって母体のデドックスにも繋がるという驚くべき内容でした。

そのときに疑問となるのが、毒素が一杯入っている母乳を赤ちゃんに与えても良いのか?ということですが、これは口から取り込んだ毒素はすべてが吸収されるわけではないため、それ程影響はないのだとか。

胃は体の中では体外という位置づけになっているため、思ったより毒素は吸収されないようです。

女性の生理も一種のデドックス

これはホンマでっかで紹介されていた内容とは違いますが、よくいわれていることです。

女性は毎月生理があって血液を排泄しています。

このときに一緒にデドックスもされているのではないか?といわれているのです。

スポンサードリンク

女性と男性ではどちらが寿命が長いでしょうか?
男性のほうが圧倒的に早く亡くなる割合が高いようです。
これは女性が毎月デドックスしている理由だと考えられます。

男性はどうしても血液を毎月排泄するという行為がありませんから、体内に毒素が蓄積しやすいわけですね。

女性は子供を産むことでデドックスされたり、生理でも毎月毒素を排泄することができるのです。

子供を産んで子孫を残す役割が女性ですから、そのために寿命が長くできているのかもしれませんね。

母乳評論家が語る母乳の味

つわりがひどい子供はIQが高くなる?

こんな情報も紹介していました。
詳しい内容は言っていませんでしたが、統計的にみるとつわりが酷かった場合は生まれた子供のIQが高いのだとか

でも本当にIQが高いかは医学的に証明されていることではないため、不確かなことで都市伝説のようなものなのかもしれません。

ただし、実際にうちの子供のときはすごいつわりが酷かったのですが、IQは高いように思います。
IQっていっても親が判断しているくらいなので何も数値が出たわけではないですけどね。

また、現代社会に通用するのはIQではなく、PQやOQなど実生活に役立つ事柄のほうが重要なのかもしれません。

この元となったのはある論文で調査した対象者がたまたまつわりが酷く、そしてIQが高かったからという曖昧なことでした。
未だに広く知れ渡るようになったのも、つわりが酷いとIQが高い子供が生まれてくると考えた方が母親としての立場も良いからなのでしょうね。

まとめ

どうでしたか?
個人的には母乳にデドックス作用があることがわかっただけでも、かなり良い収穫でした。
今後は母乳育児をする人がますます増えるといいですね!

スポンサードリンク